メニューブック事例集|株式会社フードビジネスイノベーション

│飲食店│売上アップ│経費削減│チーム力アップ│マーケティング│メニューブック│独立開業│コンサルティング│

logo_line.jpg

[事例その1] 博多もつ鍋と逸品料理 「蓮根」

東京都福生市

ba_001_a.png

ba_001_b.png

解決策

単価の高い「団体客向けメニュー」や「デザート」をクローズアップすることにより、フードの売上を上げた!

ここがポイント!

●表紙に売りたいメニューを配置し、注文を誘導した!
●団体客向けメニューを大きく目立たせ、客単価を上げた!
●綺麗な写真とポップな見栄えで、見やすいレイアウトにした!
●カラオケ客のニーズに合わせ、盛り上がるメニューを表紙に使った!
●大きさにメリハリをつけ、おすすめ商品を分かりやすくした!

悩み

メニュー点数は充実していたが、「カラオケ店」という業種のせいか、フードの売上が伸び悩んでいた

メニューブックの問題点

●表紙に魅力がなく、メニュー内に誘導できていなかった
●写真がくすんでいて、メニューの魅力を伝えきれていなかった
●団体客向けのメニューがアピール不足だった
●全体にメリハリがなく、“売り”のメニューが分かりづらかった

[事例その2] 炉のだいどころ「田」町田西口店

東京都町田市

ba_002_a.png

ba_002_b.png

解決策

インパクトのある看板メニューを導入し、メニューブックでPRすることで、客単価&リピート率アップに成功!

ここがポイント!

●看板メニューを「おでん」から「静岡おでん」「すじ塩キャベツ」
 「つくね盛り合わせ」へと、インパクトのある商品に切り替えた!
●発来店客へメッセージを送り、注文しやすくした!
●看板メニューにキャッチコピーをつけ、イメージしやすくした!
●売りたいメニューは目立たせ、メニューブックにメリハリをつけた!
●均一低価格のメニューをまとめて、注文を喚起した

悩み

和風ダイニングとして営業していたが、「売り」のメニューが弱かったのか、客単価やリピート率が上がらなかった

メニューブックの問題点

●インパクトのないキャッチコピーで「惹き」が弱かった
●丸く切り抜いた写真を使ったせいで、メニューの全体像が見づらかった
●「おでん」というメインカテゴリのインパクトが弱く、せっかく目立たせても客単価が伸びなかった
●メニューの説明が不十分で、魅力が伝わりづらかった

[事例その3] カラオケムーン

東京都・埼玉県・神奈川県

ba_003_a.png

ba_003_b.png

解決策

単価の高い「団体客向けメニュー」や「デザート」を
クローズアップすることにより、フードの売上を上げた!

ここがポイント!

●表紙に売りたいメニューを配置し、注文を誘導した!
●団体客向けメニューを大きく目立たせ、客単価を上げた!
●綺麗な写真とポップな見栄えで、見やすいレイアウトにした!
●カラオケ客のニーズに合わせ、盛り上がるメニューを表紙に使った!
●大きさにメリハリをつけ、おすすめ商品を分かりやすくした!

悩み

メニュー点数は充実していたが、「カラオケ店」という業種のせいか、フードの売上が伸び悩んでいた

メニューブックの問題点

●表紙に魅力がなく、メニュー内に誘導できていなかった
●写真がくすんでいて、メニューの魅力を伝えきれていなかった
●団体客向けのメニューがアピール不足だった
●全体にメリハリがなく、“売り”のメニューが分かりづらかった

inq.jpg